• 092-791-1313
  • saredocoffee@gmail.com

Category Archive限定豆

ペルー 入荷しました

六本松にコーヒー屋さんが増えてきました。
そのほとんどが個人店。
お気に入りのお店をみつけたり、
気分によって、用途によって

楽しい街になっていきそうです。

ぼくがコーヒーを作る時に大切にしていることは、
“ やさしさ ”です。
香り、口あたり、余韻、個性。。。
強すぎない主張と全体のバランス。
味に余白をつくること。
さらりと、すーっと。

今回入荷した豆は、ニュークロップ『ペルー サンペドロ農園』。
農園の中でも特に手間ひまかけたマイクロロットです。

焙煎するのが楽しみです。
近日販売開始いたします!
その際は、ぜひよろしくお願いします。

生産国 :ペルー
生産地域 :ペルー北部 カハマルカ県
生産者 :テオフィロ・ベルメオ、フレディー・ベルメオ他零細農家
品種 :ブルボン
精製 :水洗式 天日乾燥
生産高度 :1750m
特記 :シェードツリー PacayやGuavaなどのIngaの種類
    有機JAS認証 レインフォレストアライアンス認証 
輸送・保管: リーファーコンテナ輸送 定温倉庫保管

ペルー北部、エクアドル国境に近い地方で、完全な有機栽培で、ブルボン
の木を育て続けています。
手摘みされた完熟したチェリーは小規模ながら充実した設備で、
時間をかけて
発酵~水洗~乾燥されます。
このゆっくりとした精製が、コーヒーの持つ甘みを損なわない秘訣といわれています。
その味は、しっかりとしたボディを持ちながら、
フルーティでなめらかなアフターテーストを楽しむことができます。

はじめての COEロット

いつも思うこと。
良い素材を扱い、お客さまにお届けすること。

コーヒーがおいしい季節になってきました。
今回のスポットコーヒーは、フルーツたっぷりカスタードのケーキにも相性の良い
コーヒーです。
ぜひ、ご賞味くださいませ。

20151017_92a612

【カップ・オブ・エクセレンス – Cup of Excellence® とは 】
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、
中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査会に より風味・品質に焦点を当てユニークで稀有なコーヒーとして評価されたわずかなコーヒーだけが称号と授与される『カップ・オブ・エクセレンス – Cup of Excellence®』。雑味がなく高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ特有の風味、口に含んだ量質感、心地よいアロマと活き活きとした酸味、甘い果物を思わすフレーバーを兼ね備えています。

国:ホンジュラス

農園:パロセコ

標高:1,675m

加工方法:ウォッシュド

品種:カツアイ

スコア:86.68

特徴:COE2015入賞ロット。心地よいフルーティーな酸味、チョコレートのような甘味、コクと甘みの余韻に酔いしれます。

相性の良い風味:チョコレート、アプリコット、ダークチェリー

焙煎度:中煎り

 

さくら写真展と新メニューと限定豆 

nicoさんと生徒さんの “さくらの写真展” 、4/13~/26日まで開催中です。
17799_442773819219733_7256647764628153386_n

 

新メニュードリンクの「氷コーヒー」。
11027469_442773882553060_7058289539996198096_n-1

 

 

 

 

 

 

 

 

数量限定コーヒー豆の「ペルー アルベルト トロイ
アルベルトさんのコーヒーは、やさしく甘いです。

ぜひ、ご賞味くださいませ。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

数量限定豆のご紹介

今回は2種類を同時に販売いたします。
ケニア・ニエリ地区・キアマリガファクトリー 】
ニカラグア・サンタマリア農園・ナチュラル 】

どちらも生産量は多くなく一年を通して販売すことは困難なアイテムです。
マイクロロットで仕上げられた素晴らしいフレーバーを持ったコーヒーを
ぜひ、この機会にご賞味くださいませ。

ケニア(中煎り)
品種  :SL28、SL32、K20、BlueMountain
土壌  :弱酸性の火山灰土壌
降水量 :1,100mm
標高  :1,700m
水洗工場:KIAMARIGA水洗工場
工程  :ディスク・パルパーによる果肉除去→伝統的発酵水洗→
アフリカンベットによる天日乾燥。
生産者 :約800の小規模農家
平均面積:1ha/150本

口に含んだ瞬間に感じるインパクトある赤ワインのような強いフレーバーは、
マスカットや
紅茶を感じさせます


ニカラグア・ナチュラル(中煎り)
農園名 :サンタ・マリア・デ・ローデス農園
農園主 :ホセ・ペラルタ氏
農園面積:73.81ha(コーヒー作付面積31.22ha)
場所 :ヌエバ・セゴヴィア地区サン・ファルナンド市近郊バユンクン地域
標高 :1,390m
年間降水量 :1,600~1,800mm
土壌:ローム質性土壌

 2014年COE入賞農園
ナチュラル製法で仕上げられ、いちごのような甘味、
やわらかい酸味を感じていただけます。

%d人のブロガーが「いいね」と言っています。