• 092-791-1313
  • saredocoffee@gmail.com

Category Archivewebshop

おかげさまで4周年

6/15をもって4周年を迎えます。
たくさんの方に支えられ、ここまでやってこれました。

たかがコーヒー、されどコーヒー
せっかく飲むならおいしいコーヒーを届け、
誰かと飲むその一杯が最高の時間になるようにと想いを込めた4年間。

本当にあっという間でした。
人生の中で、こんなにも夢中に、必死になったことはありません。

6月の初め、ふらっと入ってきた初来店のお父さんが居ました。
ここはいつから?銘柄は選べる?グアテマラもらえるかな?と…
飲み終えた後のカップを深く香り、「よし、頑張ろう」と小声で言った。
帰り際、「また来るね」と笑顔で店を出た。

「また、来るね」
「また、明日ね」
「また、来週ね」
「また、こないだと同じ豆にする」
「また、別の友だち連れてきます」

4年目で一番耳にしたのは、
「また」だった。

子供のころに、親から叱られる時の耳痛キーワードだったが、
大人になった今、この言葉が心地よい。

まだ、たった、4年。
また、5年目も、よろしくお願いします。
いつまでも、これからも。

店主ごんどう

 

 

 

 

 

☆☆☆…………………………………………………………………………………….

6/15〜6/18の期間中は、日頃の感謝を込めて、
当店で人気のアイスコーヒーリキッドを25%offの600円にてご提供いたします。
ぜひ、この機会にお求めくださいませ。
…………………………………………………………………………………….☆☆☆

 

Decaf Coffee Bag

Decafのコーヒーバッグは大変好評で、店頭に並んでは品切れの状態を続けています。
只今、大量生産の準備を進めておりますので、今しばらくお待ち下さいませ。
4/28日(金)から再販予定です。

おいしいオーガニック

web shopでは、おいしいオーガニックのペルーをお得に販売しています。

936795db0003325450a2e8116ffe925138bbccc135d9497404ace51730256608

 

 

 

 

 

世界でも秀でたコーヒー産地として知られるアンデス山脈、ペルー北部、エクアドル国境のカハマルカ県のさらに奥地にあるサンペドロ村で伝統品種のブルボン亜種の木を育てる生産者がいます。 サンペドロ村は、約1年前まで地方道からつながる車道さえ通っておらず、馬やバイクが山裾の町との唯一の交通手段でした。 この交通の不便さにより、南米随一の高品質コーヒーを生むポテンシャルが、日の目を見ることがなく、翻っては貴重なブルボン種が、収量の高い交配種に転作されることがなかったと思われます。
実はこの村に、コーヒーの木が持ち込まれたのは比較的新しく、1985年頃に今の村の長老のテオフィロ・ベルメオ氏により、コーヒーの栽培が始められました。 その後、村人もコーヒー栽培を始め、現在はテオフィロ氏の息子フレディーが村のコーヒー生産者のリーダー的存在になっています。
また、村への車道が通じて以降は、この地方に本拠地を置く組合組織からの生産指導も積極的に受け、水洗設備やグリーンハウス式天日乾燥設備を充実し、品質の充実を図っています。
未だに電気も通っていない僻地ながら、人々は驚くほど丁寧にコーヒーを育てています。

焙煎は中深煎りより控えめで、ソフトに仕上げました。
やさしい口あたりです。

栽培エリア●サンイグナシオ タバコナス地区 サンペドロ村 農園主●テオフィロ・ベルメオ、フレディー・ベルメオ 農園面積●栽培面積 栽培品種●アラビカ種/ブルボン亜種(100%) 標高●平均1750m 精製方法●ウォッシュト 醗酵時間:13時間 100%天日乾燥 認証●JAS有機、 レインフォレストアライアンス認

Web Shop Openしました

8/8。
末広がりの日にWeb Shopをオープンしました。

IMG_2596

 

 

 

 

 

商品はまだまだ少ないですが、覗きにきてください。

今まで通り、決済方法は振込で構わないという心優しい方は、
これまでのようにメールや電話でお問い合せくださいませ。

ネットショップを開設するにあたり、多くの方にアドバイスをいただきまして感謝しております。
結局、プロに頼まず…正確には頼めず笑 自力で作りました。

実店舗同様、手作り感が伝わるショップ運営を心掛けて参ります。
何卒、よろしくお願いいたします。

%d人のブロガーが「いいね」と言っています。