• 092-791-1313
  • saredocoffee@gmail.com

農園が入れ替わる理由

農園が入れ替わる理由

ぼくが思うお客さまにとってスペシャルティコーヒーのよい点は、
おいしいこと。

それに対し良くない点は、
量が少ないこと。

気に入っていたのに、もうないなんて…と、
残念な思いをさせてしまうこともしばしばあります。

なぜ、量が少ないのか。

それは、生産高、収穫高、栽培エリア、環境、天候、品種、収穫、精製、乾燥、様々な要因が挙げられます。

コーヒーの実はぶどうと違い、同じ枝でも熟度が揃いませんので、
完熟した実だけを選ぶには、人間の手で摘むしかありません。
実を積む人(ピッカー)は、正規雇用の労働者もいれば収穫時の季節労働者もいます。
通常、季節労働者へは摘んだ実の重量に応じて賃金が支払われますが、完熟した実だけを摘んだことへの報酬はなく、多く摘めば摘むほど収入が多くなります。

コーヒーの品質には、完熟とそれを摘むピッカーが重要ですが、
季節労働者に「完熟だけを摘むように」指導しても誰も実行しません。
それは、彼らは収穫の重量が確保できず収入が減るので当然です。

高品質なコーヒーは、ピッカーが担っています。
しかし、高品質なコーヒーとなる分母が少なければ、世界に日本に入ってくる量はもっと少ないということになります。

スペシャルティコーヒーが少ない原因は、ピッカーだけではありません。
小規模農園が故の生産高も関係しています。

収穫高だけでなく、その後の精製処理がうまくいってはじめて、単一農園として仕分けされプレミアムが発生します。

ぼくは、その良くて少ないところを見つけて、
問屋さんの在庫がショートするまで仕入れています。
コロンビアに至っては、今年で4つめです。
短い期間で農園が変わるのは、それが理由です。

良いものは、少ないのです。

Koichi Gondo

%d人のブロガーが「いいね」と言っています。